将来に備えて、保険会社に保険料を支払っているのが一般的かと思います。そして、保険に入っていると、年末調整で保険料控除という所得控除が受けられます。

その保険料控除は大きく2種類に分かれます。

①地震保険料控除
②生命保険料控除

これらの保険料控除がどのように年末調整の計算に影響して、なぜ優遇税制になる可能性を秘めているのか解説します。

年末調整でいくら保険料控除が受けられるの?

年末調整で受けられる保険料控除の金額は基本的に保険会社に支払った金額に比例します。

地震保険料控除・・・最高額5万円
生命保険料控除・・・最高額12万円

上記の最高額より保険料を支払っている人にとって、年末調整の保険料控除が優遇税制になるといわれても、いまいち納得しないのではないのでしょうか。

年末調整による保険料控除が優遇税制なワケとは?

優遇税制の可能性が秘めているカラクリは、支払った本人が保険金を受け取る段階で分かります。実際に受け取るパターンは3種類です。

①死亡保険金
②契約が満期になり受け取る生命保険金
③所得補償の保険金


①と②は保険金収入からいままで支払った掛け金を差し引いた部分に課税されます。③は非課税です。

つまり、年末調整での保険料控除は、掛け金にプラスアルファして所得控除されてることになります。通常のように支払った金額だけが控除されるわけではないのです。いいかえれば、保険料控除は支払った金額を所得控除しているわけではなく、負担した金額をベースに計算しています。
(掛け捨ての保険で途中解約した場合は優遇税制になりません)

※相続税や贈与税が適用される場合は取り扱いが異なるので注意が必要です。

保険に加入することを年末調整の制度はバックアップしている

基本的に所得税の計算は支払った金額を所得金額から控除しますが、保険料控除は根本的に違います。保険金を受け取る段階に支払った金額(掛け金)を差し引いて、所得税を計算するからです。

あくまでも保険料控除はプラスアルファで所得金額から控除する優遇税制なんですね。それを年末調整で適用できるのです。

【完全無料】今なら税理士に年末調整の疑問を無料相談できます!

>>年末調整に詳しい税理士に今すぐメール相談する(完全無料)