パートの主婦が「年収103万円の壁」を意識しているケースは多いかと思います。たしかに、夫の年末調整で配偶者控除により38万円の所得控除を受けたいという気持ちは家計を預かる主婦として当然なのかなと思います。

ですが、ちょっと考えてみて下さい。38万円の配偶者控除でいくら税金は安くなるのでしょうか。ほとんどのケースでは、所得税と住民税を合わせても、10万円以上になることはありません。むしろ、年末調整で配偶者控除を意識するより、「年収103万円の壁」を超えたほうが手元にお金が残り、家計は助かるのでないのでしょうか。

しかし、「年収130万円の壁」となると話は別です。壁となる年収以上だと高い社会保険料を自分で負担しなければなりません(従業員が501人以上なら106万円以上)。社会保険の扶養になれないんですね。ただし、年収141万円未満までは年末調整で配偶者特別控除が受けられます。

配偶者控除がダメでも配偶者特別控除があります

そもそも配偶者特別控除って何でしょう。通常の配偶者控除何が違うのか確認しましょう。

・配偶者控除・・・年収103万円以下
・配偶者特別控除・・・年収103万円を超え、141万円未満

その年末調整での配偶者特別控除の計算方法は年収のランクにより、所得控除の金額が5万円ずつ減っていきます。

・103万円超え、105万円未満・・・・38万円
(中略)
・140万円以上、141万円未満・・・3万円

このように年収が103万円を超えても、夫の年末調整で所得控除は受けられます。103万円の壁も大切ですが、141万円までであれば多少の控除は受けられるんですね。

年末調整で配偶者特別控除を手計算すると落とし穴にはまる?

実をいうと主婦のパート収入が年間141万円未満でも年末調整で配偶者特別控除が受けられないケースがあります。本人の合計所得金額が1,000万円を超えると所得控除が適用されません

※合計所得控除=年収ー給与所得控除(国で定めた必要経費)

万が一、誤って手計算により年末調整で配偶者特別控除を受ければ、源泉徴収票によって税務署から間違いがしてされる可能性が高くなります。注意しましょう。

間違え防止のために給与計算ソフトで年末調整の計算を行いましょう

年末調整で配偶者特別控除の適用を間違えないポイントは2つあります。

・パートの主婦の年収を把握すること
・年末調整は給与計算ソフトを使うこと

手計算でなければ、本人の合計所得金額によって、配偶者特別控除が年末調整で適用できるかどうかは自動的に判断してくれます。

【完全無料】今なら税理士に年末調整の疑問を無料相談できます!

>>年末調整に詳しい税理士に今すぐメール相談する(完全無料)