ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 法人税

法人税

長期割賦販売に係る収益・費用の帰属事業年度の特例(延払基準)

法人税法における各事業年度の所得の計算上、その事業年度の益金・損金に算入する金額はその事業年度に生じた収益・費用になります。 しかし、入金が伴わないとこれらの所得に対して税金を納付するだけのキャッシュが無いことになります …

029

法人税法における各事業年度の所得の金額の計算方法

法人税は、課税標準×法人税率によって算定します。ここでいうところの課税標準とは、各事業年度の所得の金額になります。 では、法人税法で言うところの、各事業年度の所得の金額とはなんでしょうか。答えはとてもシンプルで、 益金- …

0-90

法人税法における実質享受者課税

売上などの収益を計上する人や法人が、実は単なる名義人である場合があります。本当はA社の収益なのに、BさんだったりC社の収益にしてしまうようなケースです。 この場合、実質享受者課税という制度が適用され、実質的に収益を享受す …

法人税の納税地とはどこを指すのか

法人税法に規定する納税地は、本店又は主たる事務所の所在地になります。当然、内国法人のケースですね。外国法人はそもそも法人税を納める義務がないので、納税地はありません。 納税地が指定されるケース 法人の納税地が、法人の事業 …

050

法人税法で定める事業年度とは

事業年度とは、簡単に言ってしまえば会計期間です。この期間が終わったら法人税の確定申告をしますよということですね。ポイントは2点です。 1.事業年度は好きに決めてOK 別に何月決算にしなさいとか決められている訳ではありませ …

042

法人税の納税義務がある法人、ない法人

法人税は法人に対して課される税金ですが、そもそもここで言う法人とはどんなものなのでしょうか。まずは、国内にある法人かそうでないかで区分してみましょう。 ・内国法人 国内に本店又は主たる事務所を設置して事業を行う法人を内国 …

028

法人税法で言うところの留保って何?

社外流出項目の説明が大体終わりましたので、 今度は留保についてご説明していきます。 留保の概要を説明するために、引当金を例にとっていきますね。 引当金とは、見積りで入れる費用のことを言います。 法人税では、原則として見積 …

1 2 »

最近の投稿

免責事項

各記事の内容につきましては、投稿時点での税法及び会計基準等の法令に基づいています。また、読まれた方が理解し易くなるよう、簡便的な解説をしている箇所もあります。従いまして、各記事の情報によって実務処理をされる場合は、税務署や税理士等の専門家に相談の上行う等によって、内容を十分に吟味されますようお願いします。このブログ記事の利用により損害が発生することがありましても、筆者は一切責任を負いかねますのでご了承頂けますよう、お願い申し上げます。
PAGETOP
Copyright © 税理士冨田健太郎事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.