ブログ

ストックオプションの税制適格・非適格と確定申告のタイミング

最近はあまり聞きませんが、ストックオプションの課税に関する裁判が以前は結構ありました。ストックオプションが我が国で浸透し出したのは最近の話ですので、課税庁としても判断が難しかったのかも知れませんね。ただ、最近ではようやく …

7e01584d237a10c843022f0f8579d157_m

マイナンバー制度のお蔭で確定申告時に住民票が不要になる?

確定申告をするときに住民票の写しを添付する場合があることをご存知でしょうか。たとえば、住宅ローン控除・長期所有の居住用財産の課税の特例制度、住宅の増改築控除などの適用がある場合は、住民票が必要になります。 住民票があるこ …

b7a479f5a8434d1ad851c91e0e2b1ca8_m

不動産所得で10万円の青色控除を簡単に受けるために必要なこと

確定申告は個人の専売特許ではありません。会社役員や会社員であっても、確定申告が必要な場合があります。 考えられるケースとしては、給与所得が2,000万円以上あるケースや、不動産所得があるケースなどが考えられます。 よくあ …

住民税と所得税の計算方法の違いと忘れちゃいけない納税時期の違い

個人事業主で住民税の確定申告をした人はほとんどいないかと思います。個人住民税は、法人と違って、所得税の確定申告をデータを税務署が各市区町村に連絡して、そのデータをもとに市区町村の課税課が住民税の計算をする仕組みになってい …

26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_m

国民年金の減免制度と確定申告の切っても切り離せない関係

  個人事業主にとって国民年金の負担は決して楽ではないと思います。平成28年度における国民年金の掛金は16,260円/月と結構な金額になっています。これですと、事業が軌道に乗るまで、その負担が重くのしかかります …

006

免責事項

各記事の内容につきましては、投稿時点での税法及び会計基準等の法令に基づいています。また、読まれた方が理解し易くなるよう、簡便的な解説をしている箇所もあります。従いまして、各記事の情報によって実務処理をされる場合は、税務署や税理士等の専門家に相談の上行う等によって、内容を十分に吟味されますようお願いします。このブログ記事の利用により損害が発生することがありましても、筆者は一切責任を負いかねますのでご了承頂けますよう、お願い申し上げます。
PAGETOP
Copyright © 税理士冨田健太郎事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.